ふわふわの北海道Uターン週記

「元」日本語教師 /「元」旧司法試験受験生によるふわふわの北海道Uターン週記

加古川かつめし ※帰道情報あり

 今日は妻と休みが合ったので、オレンジ号の12か月点検で神戸へ。

 そしてそのついでに、加古川に足を延ばして当地のB級グルメ加古川かつめしをいただいてきた。チョイスしたお店は、その名も「かつめし いろはーず」(こちら)。

 f:id:kazaguruma-87:20190328133648j:plain

 

 “かつめし” の外形を端的に表現すると、「ライスの上に、ソースがかかったカツが載せられており、ボイルしたキャベツが添えられている」ということになる。なるほど美味いものであった。

 

 f:id:kazaguruma-87:20190328131250j:plain 

 f:id:kazaguruma-87:20190328201322j:plain

 私は保守的に<ビフかつ+赤>を、妻は<ポークかつ+赤緑>を発注した。

 赤とか赤緑とかいうのはソース(このお店ではタレと呼ぶようだ)。このお店では、赤と緑と白の3種のソースが選べる(組合せも自由だしお代わりもできる)。赤はいわゆるデミグラスソースっぽいもの、緑はグリーンカレー的なスパイシーなものである(因みに白はホワイトシチューっぽいものらしい)。

 

 

 

 まず、ビフかつが美味い。ちょっと鯨肉っぽくもあったかな。ジューシーで、それでいて(あくまで「かつめしのパーツ」であることを主張するかのように)薄い。コロモもカリッとしていて硬口蓋を程よく刺激する。

 

 次に、ソース(タレ)が美味い。オーソドックスながら酸味が効かせてあって飽きがこない。妻発注の緑も試してみた(例の “ばくりっこ” ですね)が、ほぼタイカレーのグリーンカレー。これはライスによく合うが、カツには微妙かも。

 

 そして、ボイルキャベツが美味い。2番川相のような渋い仕事っぷりである。そのままでは味がついていないので、ソース(タレ)をつけて食すことになるのだが、ソースそのものの味が堪能できる。

 

 テーブルにあった「かつめし六か条」なるものの写真も載せときます(かつめし” のご利益か、先ほど某所から佳い連絡が入り、来月中旬一時帰道することになりました)。

 f:id:kazaguruma-87:20190328130451j:plain

 

 

 

 …なお、オレンジ号であるが、丸8年を経過してますます絶好調である。ノーマルタイヤを新調した昨年9月から今日までの8,000km強の 平均燃費=19.8km/L*1。これって凄くないですか!? 今後ともよろしくお願いしたいところである。

 

*治&利へ

 というわけで、来月中旬に一時帰道します。泊めてもらうことになるかもしれません。詳細が確定したら連絡します。よろしくね

*1:68,000kmオーバーの生涯燃費で17.5km/L