ふわふわの北海道Uターン週記

「元」日本語教師 /「元」旧司法試験受験生によるふわふわの北海道Uターン週記

虫対策

 道民に復帰して数日。この間、北海道経済におおいに貢献している(引越し前後で去年の年収を超える額を使った計算です…)。前にも書いたことがある(こちら参照)が、引越し前後は買物の機会が増えるのである。

 

 

 住民票を移した翌27日には 200万円の大物!も購入したのだが、それは別の機会にレポートすることとして、今日のところは小物ネタ。

 

 

 前にも書いたように、とにかく虫がスゴイ*1ため、それ関係のブツをしこたま購入。ちなみに買ったのは隣町にあるホームセンター。

 f:id:kazaguruma-87:20190730090156j:plain

 

 ワラジ虫あたりは特に害がないので優先順位は高くない。快適な生活に支障をきたすのは、クモ、アリ、ハチである。

 

 クモは益虫ではないかという意見もあろう。それは否定しないが、家の中や玄関前の巣は看過できない(総論賛成各論反対というわけですね)。巣の主も田舎ゆえかバカデカいのが多いし*2

 

 屋外には、写真左の「クモの巣撃滅」(アース製薬)を使用。2日ほどシュッシュとしていたら効果覿面。玄関付近は安心して通れるようになった。

 室内は、普通の「アースジェット」(同)を噴霧し、弱ったところを「蚊取リーヌ」(ヒロ・コーポレーション)でビリリと。

 f:id:kazaguruma-87:20190730092336j:plain

 
 コレ、殺虫ラケットなどと呼ばれているようですが、便利至極ですね。柄のところについている赤いボタン(写真左下)を押下している間だけ静電気が発生。殺傷力は高くなさそうだが、とりあえず動きを止められる。当地では必需品かと思われる(各部屋に配置しようかとさえ考えている)。

 

 対症療法のみならず源流対策を、と自宅周辺の草刈り用にカマも買ってきた(これを書いているまさに今、妻は作業している)。当面は虫との闘いである。妻が自然児で本当に良かった…。

 

 ま、今はグッズもケミカル充実している。虫ごときにうろたえる必要はないのである*3

 

 

 なお、この日曜には年に一度の町のお祭りがあって、町民として参加してきた。ギネスブックにも載ったとかいう巨大コロッケもいただいた。

 このテの “ジャンボ〇〇” という企画は、往々にして “味は残念” というものである(というか最初から重視されていない)。しかし、これはお世辞抜きに美味かった。表面がカリッとしていて、ほくほくと香ばしく。メークイン発祥の地の面目躍如であった。

 f:id:kazaguruma-87:20190730095254j:plain

 

 

 

 この他、職場にも何度か行って簡単な打合せなどもさせてもらった。仕事そのものについては、不安はないが緊張はある。また新しい人間関係が作られていくことになる。

 

 

 …いよいよ始まるわけですね。

*1:軒下にスズメバチ!の巣を発見したので役場の人に駆除してもらったりも

*2:実は一匹、人生最大!のヤツがいるのだが、場所の関係で駆除できていない。冬まで待とうかと本気で思っている

*3:妻が唯一ダメなGだが、道南のこの辺りは皆無というわけではなさそう。ホームセンターにそれ用の殺虫剤が売られていた…