よたよたの京都移住週記

日本語教師 /「元」旧司法試験受験生によるよたよたの京都移住記

OIC

 無事に里帰り旅行から帰ってきて、また日常に戻っている。好きなものを好きなだけ食べてきたので太っただろうなとおびえていたが、体重は+1.0kg程度でした。
 
 
 さて、タイトルのOICというのは、立命館大学大阪いばらきキャンパスのこと。申し訳ないですが、AKBやNMBなどとは全く関係ありません。
 
 月末スタートの新しいプログラムがこのOICで行われるため、妻と休みが合った今日、電車を乗り継いで下見に行ってきた。もともと「電車」に乗るというのは私にとって完全な非日常。飛行機に乗るのと同じである。ただでさえ方向音痴なのに加え、土地鑑が全くない私にとって、無事に辿り着くのは非常にバーが高い。妻に付き添ってもらって、予行演習してきたというわけである。
 
 今日は阪急を利用した。概ね往復で2時間半程度かかった。労力を考えると、全く割に合わない仕事だが、ま、受けてしまったのでしょうがない。
 
 ただの予行演習だとナンなので、レジャー化すべく帰りに南茨木駅そばの松屋で昼メシを食ってきた。牛丼はやはり吉野家だなと思うので、発注に少々変化をつけてみた。「ネギたっぷり旨辛ネギたま牛めし」ですと(並盛で400円也)。
 
 
 その南茨木駅にはおかしなモニュメント?が建っていた。帰ってきて調べたら、茨木市出身の現代芸術家が、3.11からの復興を期して作ったものだとか。
 
 
 学校は木曜日に入学式があり、翌金曜から秋学期の授業開始です。