よたよたの京都移住週記

日本語教師 /「元」旧司法試験受験生によるよたよたの京都移住記

ひとつ達成

 何度か書いてきた公益財団法人移行手続であるが、遂に府庁よりOKをいただいた(先週水曜日)。正式な認定/認可は未であるが、この後手続を淡々と進めていけばよい(現特例民法法人の解散及び新公益財団法人の登記をもって正式に移行完了となる)。私が京都に来た(学校が私を採用した)理由のひとつは、この「公益法人移行」にあったわけで、その意味ではひとつ達成できたということになる。
 
 去年の春にこちらに来て1年強、ずっと取り組んできたプロジェクト?なので、連絡を受けたときには流石に嬉しかったしホッとした。何せ、うまくいかなければ「法人解散」の可能性があったわけである。ああよかった。
 この間、府庁との折衝をはじめとして、法人の趣意の文章化、定款の作成、役員の決定、理事会の招集、等々のタスクを、ひとつずつこなしてきた。8年半にわたった司法試験の受験勉強が役立った(無論、私一人で出来るものではなく、学校のスタッフはもとより、弁護士や公認会計士中小企業診断士などの力を借りて、であるが)。
 
 これからは仕事も増えるだろうし、私自身の立場が変わり、責任が増す。より一層頑張らないと。