よたよたの京都移住週記

日本語教師 /「元」旧司法試験受験生によるよたよたの京都移住記

健康診断

 2年半振りに健康診断に行ってきた。
 
 夏に行く予定だったのだがそんな暇はなく、年度内に行かないと期限が切れてしまう。
 老化を感じる局面は増えたものの、健康状態がよろしくないという自覚は全くない。しかし、行っておきたかった。
 
 私は皮膚病の関係で、それなりに強い薬(ステロイド)を長期間使っており、定期的な血液検査が必要である。半年に一回、が推奨されているので、流石にそろそろ行っとかないと、だったわけ(先日皮膚科の先生にも怒られた)。
 
 というわけで、血液検査だけでもよかったのだが、せっかくなのでひととおり全部やった(検便は面倒なのでカット)。
 
 結果は後で、なのだが、その場で判明したいくつかを2年半前と比較してみると、身長はプラス(5mm…誤差ですね)、体重はマイナス(1.2kg)。胴回りもマイナス(2cm)で体型はキープできているようである(BMIは21.8…BMIについてはこちらで計算できます)。
 
 衝撃だったのは視力で、右0.5!、左1.5(無論眼鏡をかけた状態で)。右目が見えないなとは思っていたがこれは酷い(頭痛の一因かもしれない)。裸眼状態では測定していないが、直近(09年10月)の数値は、右0.03、左0.05だったかな。
 私はもともと不同視で、眼鏡をかけ始めた時点(14歳)では、0.1と2.0だった(左は度ナシ)ところ、だんだん左が追い付いてきて、バランスが良くなった?という経緯がある。
 消費税も上がることだし、日本経済に貢献すべく、一発メガネを新調しようかな。
 
 それにしても、腹立たしいのはバリウムである。事後に下剤を出してもらうわけだが、2〜3日は調子が悪い。何もなければ元気なのに、本末転倒ではないか。
 
 
 
 …などと思うのは、何も見つからない幸せな状態だから言えることなのでしょう。