ふわふわの北海道Uターン週記

「元」日本語教師 /「元」旧司法試験受験生によるふわふわの北海道Uターン週記

健康診断その後(二題)

 前回のエントリーで書いた健康診断。右目がぐっと悪くなっており、一発メガネを新調しようかなどと書いた。
 が、贔屓にしていた富士メガネは関西になく、誂えるにしてもどこに行ったらよいか。
 
 起きているときは、顔を洗うとき以外常にメガネをかけている私(メガネを拭くときは別のメガネをかけるし、風呂に入るときも、温泉などではメガネ着用である)。メガネがしっくりきていないと、甚だしくストレスが溜まるのである。
 
 遠くでは、クルマの運転。夜間や雨天時は特に見え辛い。近くでは、パソコン作業時。さっぱり見えない(笑)。しかも、明らかにぐんぐん悪くなっている。
 この際、贅沢は言っていられないので、少し調べて印象の良かった「メガネの愛眼」へ行ってみた。
 
 この道40年というスタッフの方が対応して下さり、丁寧に視力検査を(1時間以上かけてくれた)。遠近両用を作るのがよいでしょうとのこと。
 今は、右目で近くを、左目で遠くを“担当”していて、ある種遠近両用的使い方をしている。そのため、右目の視力が悪くなる一方である。ちゃんと両目で見られるようにした方がよろしいでしょうと。
 
 今メインで使っている999.9のフレームのメガネ(こちら参照)が、それは素晴らしい掛け心地なので、本当はそれのレンズだけ入れ替えようかと思ったが、初めての遠近両用だし、ひとまずフレームごと新調し、実用上問題ないかチェックすることにした(問題なければ999.9のレンズの入替えへ)。
 
 愛眼では、なかなか素晴らしいキャンペーンをやっていた。それが、2,500円ほどで、もう一本(予備の)メガネが作れるというもの。遠近両用レンズ、というわけにはいかず近視用のみとなるが、とりあえず「予備メガネ」があれば困らない(旅先でメガネが壊れたなどという状況を想定されたい)。
 せっかくなのでこれもお願いしたが、会計は、遠近両用のものが、フレーム+レンズ(超薄型の非球面にハードコーティング)で23,000円ほど。これに予備メガネの2,500円ほど。安いですね。
 
 出来上がりに1週間かかるため、来週日曜日に引取り予定。再来週からは、遠近両用デビューとなります(これでもう押しも押されもせぬおっさんですね…今さらですが)。

===

 さて、健康診断その後ネタのもう一つは血液検査で引っ掛かったという話。
 
 原因ははっきりしている。皮膚病治療のために服用している薬の副作用である。いよいよ数値が悪化し、ヤバい領域に突入してしまった。
 
 薬をやめれば(減らせば)健康状態が維持できる。しかし、そうすると見栄えが著しく悪化する。人と接する仕事なので、難しいところである…どうしようかなあ。
 
 近いうちに皮膚科で相談してきます。