ふわふわの北海道Uターン週記

「元」日本語教師 /「元」旧司法試験受験生によるふわふわの北海道Uターン週記

送別会 ※あと19日

 昨日が職場=日本語学校での最後の授業の日だった(授業そのものは、出張等がまだ少し残っている)。

 

 学生からいろいろとプレゼントを頂戴したりもした。ヘンテコなブツ(一体どういうこと?と全く意味不明なものも。かの国の文化なのだろうか)もあった。

 「人のいるところで開けない方がいいです」と謎の包みをくれた学生がいた。帰って開けてみると、確かに。…しかもその学生というのは若い女性である。う~ん、謎である(笑)

 

 メッセージカードも多くいただいた。ほとんどは日本語がおかしかったが、しかしそれもオリジナルだからこそ。何かのコピペでない証左である(↑のブツも、本人の手作りだそうな)。有難いことである。

 f:id:kazaguruma-87:20190704090851j:plain

 ↑実物はこんなにニコヤカではありません

  

 

 そして昨夜は同僚が送別会を催してくれた。妻が(最後の)帰道中ということもあって朝からほぼ絶食状態で臨んだ中華は、果たして大変美味であった。

 人生で何度目かの 花束 をいただいたりもした。うへへ、照れるなあ。

 f:id:kazaguruma-87:20190704090847j:plain

 

 本来、“みんなでワイワイガヤガヤ” というのは非常に苦手な私である*1が、リラックスして楽しい時間を過ごさせてもらった。

 

 

 

 内地を離れること自体には、実はさしたる感興はない。未練がないわけではないが、“やっと帰れる*2” という思いが強い。

 

 しかし、“日本語教師” でなくなることについては、いろいろと思うところがある。

 足掛け四半世紀ほどこの仕事をしていたのだ(中断もあったけど)。書籍を整理したりしている瞬間に、やはり一抹の寂しさを感じてしまうのである…。

 

 

 ま、そうはいってもまだ授業もあるし、京都を引き払うまで2週間以上はあるわけなので、感傷的になるにはちと早いですね。

 

*1:しかし、どうもそうは見えないようです。何故だろう…

*2:連続で9年3か月、通算だと、18年以上内地に住んでいたのだ!