ふわふわの北海道Uターン週記

「元」日本語教師 /「元」旧司法試験受験生によるふわふわの北海道Uターン週記

YAMAHA JR2

 先日のエントリー(こちら)で、“38年モノ”のギターを売却したことを書いたが、計画どおりそのお金でミニギターを購入してきた。
 
 予算(売却で得た12,000円ですね)内で買えるブツをざっと調べてみたところ、S.YairiのYM-02がよさそう。amazonでも買えるし(こちら=9,500円程度)。
 
 いずれにせよ、ミニギターなるものを実際に一度手にしてみたかったので、それを置いているお店を調べて夜のドライブへ(あえて「夜」としたのは、この後日中は猛暑が予想されたため*1)。
 
 
 店員さんにブツを見せてもらうと、ちっちゃい(笑)。これなら(ミニサイズの)妻にちょうどよさそうである。チューニングしてもらってちょっと弾かせてもらう。鳴りはよくないが、まあこんなものかなと(旧愛器の1/5以下の値段ですからね)。
 
 ふと見ると、隣りに中古のYAMAHAが置いてあって、試しに弾かせてもらったら イイ!
 流石はYAMAHAである。音の伸びと広がりがいい。また、中古といってもほとんど弾かれていなかったようで、非常にきれいでピックガードの傷も僅かであった。妻にも試してもらった後、購入して帰って来た(本体+専用ギグバッグで代金9,800円也であった。YAMAHAのサイトによると、希望小売価格は18,000円のようですね)。
  
 
 ブツはこれYAMAHAのJR2。レギュラーの3/4のサイズだが、弦やチューニング等はレギュラーと同じである。
 
 昨日は久しぶりに小一時間ほど弾いて、今は指が痛い(笑)。せっかくなので、もう一度始めてみようかな。思えば、昔(中学〜大学時)は勉強もせず、毎日何時間も弾いていたよなあ*2
 
 それにしてもこのミニギター、持ち運びがラク(サイズ・重量とも)でビックリした。バッグも背負えるタイプ(ときどき街で見かけますね)で便利。どこかに出かけるときに持って行こうかな、という気にさせる(高いギターだとそれだけで躊躇してしまう)。これはもう“モバイルギター”ですね。

*1:果たして、例えば昨日当地は38.5℃!と体温超えの一日となった

*2:素人参加ののど自慢的テレビ番組で弾き語りをし、優勝したこともある私です