よたよたの京都移住週記

日本語教師 /「元」旧司法試験受験生によるよたよたの京都移住記

和歌山ドライブ

 2017年度も残すところあと1週間…いよいよ春である。当地では桜も開花し、観光客が増えてきた。妻の職場も春のピークに差し掛かりつつあるようだ。
 
 学校は現在いわゆる春休み。昨日は妻と久々(1か月ぶり)に休みが合ったので、好天の中、和歌山方面にドライブしてきた。京奈和道の無料区間を利用する往復300kmほどのコースをとった。
 コンビニで休み休み走るのが我々のパターン。最近のコンビニはトイレもきれいで助かります*1
 
 
 さて、今日の目的=ズバリ、しらす丼。ネットで調べて満幸商店という有名店を知り、そこを目指した。10時半ごろに出発し、14時過ぎに到着。やはりというべきか満席で、名前を書いて待つ(ラッキーなことに無料駐車場に入れることができた)。
 海の家のような外観(失礼)ながらメニューが豊富で、中にはおよそ外観とは似つかわしくないようなもの(スープパスタとかガーリックトーストとか)も。何となく不思議な空間ではあった。
 
 
 ここはすぐ近く(徒歩1分)に淡嶋(あわしま)神社というのがあって、人形供養で有名だとか。ちらと覗いてみたら夥しいほどの人形たちが! 不要になったからといってポイと捨てるのは気が引ける、と持ち込まれたりするらしい。写真に撮ると変なものが写るんじゃ(笑)などという妻をよそ目に一枚撮影。
 また、当然ながらすぐそこは太平洋(…紀伊水道ですか? やはり徒歩1分)。ご存じのとおり札幌には海がなく、海と言えば石狩か小樽(日本海)。札幌っ子には太平洋というのはちょっと“特別感”があったりするわけで。
  
 
 
 
 …45分ほど待ったかな。無事に席が空いて店内へ。お目当てのしらす丼とあわしま丼、さらにわさびスープなるものを発注してみた。
 
 
 しらす丼は盛りがスゴイ。かき氷のような様相である(写真奥)。念のため、これは「ノーマル」のサイズ(850円だったかな)。梅が丸ごとひとつ入ったタレをかけて食す。
 写真手前はあわしま丼(1,500円ぐらい)。様々な貝類がこれでもかと載せてある。写真ではわからないが、ご飯はつゆだく状態のネコまんま。もともとはしらす丼が目当てだったのだが、小一時間の待ち時間にメニューを吟味したところ美味そうだったので。期待に違わず美味かった。
 
 
 帰りは、下道がやや混雑していたがトコトコとゆっくりペースで。また近いうちに伯母の見舞いに長野にドライブにいけたらな(場合によっては車中泊も!?)、と思ったりしております。

*1:写真には妻が心霊写真のように写りこんでます(笑)