よたよたの京都移住週記

日本語教師 /「元」旧司法試験受験生によるよたよたの京都移住記

Bluetooth

 再びデジタルネタを。
 
 その方面に明るくない人に簡単に説明すると、Bluetooth(以下BT)というのは、デジタル機器の近距離間データ通信に使われる、無線(つまりワイヤレス)通信技術の一つ。マウスやスピーカー、ヘッドホンなどいろいろなデバイスに用いられている。ま、簡単に言えば、普通は有線でつながっている機器同士(例えばPCとマウス)が無線でつながることになる、というようなことですね。
 
 iPhone内の音楽をイヤホンで聴く場面を頭に思い浮かべてみてください。iPhoneとイヤホンは当然“線”でつながっていますね。BTの技術によって(具体的にはBTイヤホンを使う)、その“線”がなくなるというわけ。
 iPhoneが胸ポケットに入っているなら“線”があってもそれほど不便ではないが、ズボンのポケット、あるいはカバンに入っているようなときは不便極まるし、場合によっては危ない。
 
 その“線”がなくなるのである。こんがらがることもなければ、耳とiPhoneが多少離れていてもOKだ*1。とりわけ運動する(ジョギングとか)ような場面だと、“線”がないことは相当なアドバンテージになるだろう。私は主に通勤時や散歩時に好きな音楽*2を聴いているが、“運動”でなくても動いているときに“線”がないのは快適である。
 
 iPhoneで音楽を聴く際に、このストレスフリーな状況を実現してくれたのがこちら。BTイヤホン=MpowのEnchanter。現状Amazonで1,500〜2,000円程度のお手軽価格(こちらなど参照)。
 
 
 価格は安いが、スペックは私のようなライトユーザーには十分である。
 13g!の軽量設計で、ラバー製のイヤーチップと相まって、耳につけてもまるでストレスなくフィット。JIS防水保護等級IPX4相当ということで、多少の汗や雨にも対応(するはず)。さらにはマイクが(後述のコントローラーに)内蔵されており、ハンズフリー通話にも使える!!(←この辺は、こういうブツを使う人からすると当然なのだろうと思うけど)
 音質については好みの差もあるところだが、少なくともiPhoneにデフォでついているイヤホンよりは上である(個人の感想です)。もちろん、高価な(例えば数万円とかいう価格帯の)ものと比べれば明らかに劣るのだろうが、私はそこまでこだわる種類の人間ではない。
 
 Mpowというマイナーなメーカーの製品で、UIがほぼ英語なわけだが、使い方も複雑なものではない。BT機器は全く初めてだった私でさえ、ペアリング(機器とつなげること)は、マニュアルを見ることもなく「多分こうかな」とあたりをつけて、ボタンを1〜2分弄っていたらできたぐらいだ。
 ペアリングに成功すると、iPhone上にヘッドホンのアイコンが出る(写真上部の黄色矢印)。バッテリ残量もiPhone側から確認可能(同下部の赤色矢印)。
 
 
 
 ペアリング、音楽の再生・停止、音量の調整、曲送り・戻しなどの操作は、全て本体右側ついている簡単なコントローラーで行う。コントローラーにはボタンが3つ並んでおり、この「+」ボタンと「○」ボタンと「-」ボタンを押したりすればよい(ペアリングなら「○」を長押し)。
 
 
 通話もこのコントローラーで行う。電話をかける際は、ボタン操作(「+」と「○」を短押し)の後に番号を発声することで音声ダイヤル!も可能だ。かかってきたときも、ボタン一つで対応(「○」を短押し)や拒否(同じく長押し)ができ、通話中のマイクミュートもできる(「+」と「-」を同時に短押し)。いや、便利ですねえ。
 
 通話時に両手が空くことが非常にありがたい場面がある。PCを操作しながら話すときなどがそうだが、妻などは料理をしながら実家の義母と通話したりもする。実に便利。BTイヤホンが本領を発揮するのは、実は通話時なのではないかと思えたりもする(外で通話する際は、耳にiPhoneを当てていないと、周囲から「独り言を言っているおかしな人」と見られる恐れはあるが)。なお、その気になれば車の運転時にもいける(両耳にすることは道交法違反なので、片耳を外さなければならないが)。道に迷ったときなど、車外の誰かに道を教えてもらいながら運転、ということも可能。
 
 ちなみに、満充電で概ね数時間程度は使えるので、充電は3〜4日に1回程度でよい(充電中は、コントローラーにあるごく小さい穴にオレンジ色のLEDが光る。白くなれば満充電である)。数少ないネガは、風切音が若干気になることぐらい(歩きながら聴いている際)。
 
 「No Music, No Life」的な人間とは相当距離のある私でも、ちょっとした散歩などの際に音楽が聴けるとそれはそれで楽しい。このBTイヤホン、「イヤホンなんてほとんど使わないし…」という方にこそ強くお勧めしたい。騙されたと思って使ってみてください。まこと便利で快適です。“線”のあるなしでこれほど使い勝手が変わるとは、と目からウロコの落ちること請け合いです(LANや電話機を考えてみれば当然ですね)。
 
 
 …ワイヤレスといっても、両耳をつなぐ“線”は残っているではないか、というあなたには、完全ワイヤレスな(左右独立型=両耳が結ばれておらず、いわば耳栓のようなスタイルの)イヤホンもあります(例えばこちら)ので試してみてはいかがでしょう(私のような粗忽者だと、ころころして失くしてしまいそうだし、いろいろな意味でかえって不便かもと思ったりするわけだが)。

*1:BTにはいろいろな規格があるが、普通は10mぐらいの距離が飛ばせる

*2:現在ヘビーローテーションしているのはT-SQUARE。お気に入りは「ALL ABOUT YOU」「OMENS OF LOVE」「CELEBRATION」あたりです…是非YouTubeなどで探して聴いてみてください