よたよたの京都移住週記

日本語教師 /「元」旧司法試験受験生によるよたよたの京都移住記

オレンジ号四国上陸

 このところ多忙を極めているわけだが、忙中閑ありというわけで、昨日は(出勤してひとつ仕事を済ませた後)ロングドライブ(往復610km)へ出かけた。
 目的はうどんを食うこと。ということで、うどんの本場=香川県に行ってきた。ルートはこんな感じ(ギリシャ文字のα:アルファを書く感じですね)。来週末で高速道路の“上限1,000円”が終了してしまうので、と高速を激走してきました。
 
 以下、写真いっぱいにつき続きを読むからどうぞ。
 
 一昨年の司法試験撤退記念?「北斗星の旅」(総集編はこちら)のときに、フルムーンパスを駆使して鉄路で訪れた四国だが、クルマでの上陸は18年ぶりかな。当時も新車(=前の愛車:デルソル)で走ってきたように思う(四半世紀以上、毎日書き続けている日記を捜せば正確に分かるのだが、日記の束は札幌に置いてきたままにつき詳細不明)。
 昨日は出発が11時ごろとやや遅めで、いつもの縦貫道(を園部で降りて30kmほど下道を走って)→舞鶴道に乗った辺りで早くも空腹に。しかし、後のうどんを考えて、そのまま中国道山陽道→神戸淡路鳴門道を走って明石海峡大橋を渡る。淡路島に入ってすぐのSAで空腹に耐え切れず、明石焼きとタコ串を食った。
  
  
 明石焼きは“玉子焼き”とも呼ばれるが、その名のとおり味も玉子焼き。普通のたこ焼きの方が美味い。ま、話のタネに食っといて損はないでしょう。
 
 で、再びうどんを目指して鳴門海峡大橋を渡って遂に四国(徳島県)上陸。そこから高松道に乗って香川県に入り、高速を降りてうどん屋(超有名店:わら家)へ(写真は店の前にある水車と暖簾)。
  
 18年?前に食ったうどんもここのうどんで、お目当ては釜揚げ(特大)。3玉分だそうだが、もちろんそれを独りで食した(妻は冷たいぶっかけを)。ブツが来るまでの時間はショウガを摩り下ろしながら待つ(本場ならでは)。写真の大徳利にはダシが入っている。
  
 
 コシがあって美味い。ダシも鰹が効いて抜群である。さすがに本場。300kmも走ってきた甲斐があろうというものである。堪能させていただきました。
 
 お店を出たのが16時半ごろで、そこから帰途に着く。といっても同じ道を走るのも能がないので、やや遠回りして。高松道から瀬戸中央道に入り、瀬戸大橋を渡る(一昨年L特急で岡山側から渡った橋を、四国側から渡った)。
 途中、与島SAで停まって記念撮影。夕景も写した。オレンジ号でサンセットオレンジを拝んだわけである。その後は山陽道を激走して23時前に無事帰宅。
   
 
 というわけで、12時間のドライブ明けの今日は身体がバキバキであるが、この後、仕事に行ってきます(>_<)。