よたよたの京都移住週記

日本語教師 /「元」旧司法試験受験生によるよたよたの京都移住記

最後のターン

 木曜日に妻が帰ってしまい、3週間ぶりに単身生活に戻った。結構長い時間“家事”から遠ざかっていたので、さすがに初日の朝は戸惑ってしまった。コーヒーはどこだっけ、とか、今日はゴミの日だっけ、とか。
 しかし、今回は「単身生活最後のターン」になるはず(3月から、彼女の生活の本拠は京都となる予定)で、そう考えれば少し気持ちはラクである。いつもは「じゃあまた」と別れるのだが、今回は「いってらっしゃい」と送り出せるのだから(そうはいってもあと2ヶ月は厳しい日々ではある)。
 
 今日は単身生活に舞い戻った最初の週末なわけだが、朝、宅配便が届いた。何かと思ったらクレジットカードのポイント交換でgetした自転車のライト。早速電池を買い、装着してみた。防水仕様だし、本格的でいい感じ。
   
 …それにしても、夜になってから撮影すべきでしたね(笑)。少々おだってしまったようで。
 
 ところで、前回のエントリーで少し触れた、「だれとでも定額」対応の“070”以外への月間の発信回数をカウントするスクリプトスクリプトそのものはいい感じに出来上がったのだが、それを走らせるタイミングを試行錯誤中。
  発信先の電話番号は\Windows直下のCallinghistory.datを読めば分かる(新しいものが追加されていく形なので、直近の発信なら最終行となる)のだが、その.datファイルの更新は、どうやら終話直後の様子。
 いつもお世話になっているcmdRegistryNotifyAPPで終話を監視して動かせばいいと思うのだが、その登録がうまくいかない。どこか考え違いをしているようである。
 というわけで、とりあえず手動で試用中。発信→終話の後、発話キーをトリプルクリックすると、アイコンによる合図とともにカウント終了(下のGIF参照。左の写真の左上の部分を拡大したものです)。
 
 現在の発信回数は、下のウィンドウで確認(こちらのエントリーで紹介したTELChoice.mscrを一部改造)。
 理想形まであと一歩なんだがなあと悔しさいっぱいなわけだが、実際は「1ヶ月に“070”以外への発信が500回を超える」ことは今のところほとんど考えられないので、単に知的好奇心を充たさんがための試行錯誤ではある。
 
 そのうち更新予定の別ページもご覧下さい。