よたよたの京都移住週記

日本語教師 /「元」旧司法試験受験生によるよたよたの京都移住記

冬休み終了

 おおいにゆっくりさせてもらった冬休みも今日が最終日。明日からまた“日常”である(ただし妻がいるので必ずしも日常ではない)。
 
 宣言どおり、遊び倒したお正月であった。2日はスケートをしに市内唯一のスケート場へ出掛け、返す刀でJUSCOへ(信じられないことに、近所に2軒あるスーパーは、一つが5日初売、もう一つが6日初売である。やはりここは古都=古い街なのだということを再確認した次第である)。そこで、相棒の劇場版Ⅱを上映していることを知り、急遽鑑賞(早目に観ておいてよかった…まさか!の展開であった)。
 3日は散歩がてら徒歩10分程度のカラオケボックスに出向き、歌い初め(昼過ぎに入ったのだが、ガラガラ。札幌では考えられない…帰る頃には時間待ちの列ができていたが)。
 
 さて、明日から仕事再開である。今年は(恐らく)公益財団法人となるはずで、そうなれば私の立ち位置も大きく変わる。また、3月には妻がこちらに住むことになり、同時に新車が納車される。今年はおおいに働き、おおいに遊ぶぞと、小学生のような“一年の計”を立てる私でありました。
 
 写真は東寺(教王護国寺)。「京都○○殺人事件」などでよく映るアレである。JUSCOの帰りの信号待ちで撮影。