ふわふわの北海道Uターン週記

「元」日本語教師 /「元」旧司法試験受験生によるふわふわの北海道Uターン週記

母の日、終了

 8度目の択一本試験を受けてきた。いろいろと感想もあるが、今日のところは疲労もあり、最小限の内容を記すにとどめることにする。
 
 終了後は、こりゃあ合格点50点オーバーもあるな、と思えたほどの易問(特に憲法)だった。科目別の感想は以下。
 憲法=個数問題が(やっと)なくなったこともあり、非常に易化。
 民法=一見簡単そうに見えるがそうでもない。が「難問」という感じでもない。本試験ならではの「気持ち悪さ」がつきまとう出題。
 刑法=1つか2つを除くと非常にラク
 
 で、ついさっき、ネットで自己採点したのだが、憲法・刑法はまずまずながら、民法がダメだった(現時点で模範解答を出している予備校は1つだけ。例によって確実なものとはいえないが、今のところ合計で50点弱というところ)。水曜日ぐらいには全肢のほぼ確実な正解が判明し、今週中ぐらいにはだいたいの合格点が分かるはずである。
 
 とにかく、疲れた。
 
 しかし、「もしダメでも、現時点の実力は発揮できた」と一応はいえる3時間半だったので、そういう意味では、わりとすっきりした感じである。
 
 *応援して下さった皆様、ありがとうございました。ご心配をお掛けしましたが、ともかく無事に終了致しました。